2020年 11 25 日(水)

モーニングセミナー
苦難は有難い!?

講師

松本浩之

株式会社シモバン代表取締役

一般社団法人倫理研究所法人局 法人スーパーバイザー

主 催 岡山市南倫理法人会
日 時 2020年11月25日 (水)
時 間 06:00ー07:00
会 場 岡山県護国神社いさお会館

その他お知らせ

会場案内

朝の岡山県護国神社は清々しい空気に満ちています。モーニングセミナーの前か後にお参りすることで、良い1日を過ごせます。ぜひ会場にお越しください。

会場は護国神社敷地内にある「いさお会館」です。


朝食会のご案内

7:00~7:30まで講師を囲んで朝食会を行います。モーニングセミナーの感想をシェアします。同じ講話を聞いても、人によって響くポイントはさまざま。他の参加者の感想を聞くことで、モーニングセミナーの学びがより深くなります。多いときは20人以上が朝食会まで参加されています。会費は300円。初参加の方は無料です。お気軽にご参加ください。

経営者MSの感想

「逃げるが勝ち」と「逃げたら負け」。どちらの考え方が正しいのでしょうか?どちらの考え方が人生うまくいきやすいのでしょうか?今日の経営者モーニングセミナーでは、その答えらしきものを得ることができました。

2000年以上前の中国の思想家・性善説の孟子は「逃げたら負け」という価値観の元祖でしょうか。

一方、孟子よりさらに100年ほど前のギリシアのソフィスト・相対主義のプロタゴラスの価値観は「逃げるが勝ち」に近いのではないかという気がします。

多分、2000年前も人々は、同じことを考えていたのではないでしょうか。

苦難に耐えて立ち向かっていくことで、心が鍛えられるのは事実。

一方で、心が壊れるほどの負荷に耐える必要はない、というのもその通り。

心が壊れそうになったときは、自分を守るために逃げるべきだと思います。

でも、「逃げるが勝ち」という同じ価値観で行動しても、うまくいく人と、うまくいかない人がいるように見えるのです。

「その違いは何なのか?」という答えらしきものを、今日のセミナーで得ることができました。

嫌なことや苦手なことから逃げるのは全然OK!

ただ、その逃げが【戦略的撤退】なのか【現実逃避】なのかによって、その先の未来が変わるのではないか、と思ったセミナーでした。

下記の記事にまとめましたので、よかったら読んでみてください。

「逃げるが勝ち」と「逃げたら負け」どちらが正解?【苦難は有難い!?|松本浩之さんセミナー】第450回経営者モーニングセミナー

参加を問合せる